オリンパス M.ZUIKO DIGITAL ED 30mm F3.5 Macro レビュー
By Yvonne
2022-09-27

オリンパス M.ZUIKO DIGITAL ED 30mm F3.5 マクロレンズは、微細なディテールを閉じ込めることができるレンズです。しかし、ワーキングディスタンスが小さいため、被写体に影がかかってしまうことがあります。

オリンパス M.ZUIKO DIGITAL ED 30mm F3.5 Macro レビュー

Olympus M.Zuiko Digital ED 30mm F3.5 Macro

底上げをしよう

オリンパスM.ZUIKOデジタルED30mmF3.5マクロレンズは、細部のディテールにまでこだわった撮影が可能です。しかし、ワーキングディスタンスが小さいため、被写体に影を落としてしまうことがあります。

長所

  • 端から端まで、シャープな画像。
  • 最小限の歪み。
  • 1.25:1マクロ機能
  • 安価である。

短所

  • 大口径で隅が暗い
  • フォーカスリミッター機能が使えない
  • ワークステーションとの距離が短い場合、照明が難しい。
  • を弖紗することができない。

オリンパス M.Zuiko digital ED 30mm F3.5 Macro (299.99 USD) は、オリンパスとパナソニックのマイクロフォーサーズカメラで使用可能なコンパクトなマクロレンズです。このレンズは、優れたディテールを捉え、被写体を実物よりも大きなサイズでイメージセンサーに映し出します。優れた性能を持っていますが、イメージセンサーの全範囲を探索する必要がある場合、焦点を合わせるのに時間がかかることがあります。また、特に被写体がレンズの近くにある場合、照明が難しいことがあります。

関連読書: オリンパス PEN E-PL9 レビュー

デザイン

アマゾンの30mmF3.5マクロ(299.99)は、小型軽量です。オリンパスのミラーレスカメラのモデルとの相性は抜群です。F3.5 Macroの寸法は2.2x2.4インチ(HD)、重量は4.5オンスです。46mmのフロントフィルターに対応しています。これは、オリンパスのF1.8シリーズのプライムレンズと同じサイズのフィルターです。つまり、複数のレンズのフィルターを使用することができるのです。オリンパスは他のレンズもブラックやシルバーで展開していますが、30mmマクロはブラックのみです。

マニュアルフォーカスリング以外には、物理的な操作系はありません。フォーカスモードの切り替えはカメラ本体で行います。電子フォーカスシステムは、リングを回したときの触感はありませんが、反応がよく、スムーズです。リングを回してもフォーカシングエレメントの物理的な動きは感じられないかもしれませんが、このレンズは素晴らしい電子フォーカス体験を提供してくれると思っています。

ただし、オートフォーカスのスピードが問題になることがあります。撮影前にほぼピントが合っている場合は問題なく、0.1秒で確認しロックオンしてくれます。しかし、遠景と近景の切り替えに1秒程度かかることがあります。また、特に暗いところでは、被写体に近いところでピントを探す傾向があるようです。フォーカスリミッターのスイッチがあれば、近距離に限定してピントを合わせられるのでよかったと思います。そうすれば、ピントを合わせに行ったり来たりすることもなくなるでしょう。

もうひとつの問題は、照明です。レンズとセンサーの距離が3.7インチと近いため、被写体に影ができやすくなっています。フラッシュで暗い影ができると、ピント合わせのスピードが上がりません。LEDのオンカメラライトを使用することをお勧めします。オリンパスは、キヤノンが28mmマクロレンズで使用しているような内蔵ライトを搭載すべきでした。

仝囮囮囮囮囮囮囮囮囮囮囮囮囮囮囮囮囮囮囮囮囮囮囮囮囮囮囮囮囮囮囮囮囮囮囮囮囮囮囮囮囮囮囮囮囮囮囮々は冱~の吭龍がない。このレンズは、マーケティング上の宣伝文句がないにもかかわらず、最短撮影距離で1:3でしか撮影できないマクロレンズよりも細かいディテールを捉えることができる。

レンズ内手ぶれ補正は使用できません。オリンパスはボディに搭載しています。パナソニックの最近のモデルにも搭載されています。パナソニックの古いカメラボディに搭載されていない場合のみ問題です。オリンパスのボディに5軸手ぶれ補正が搭載されていれば最も安定した結果が得られるが、私は3軸PENE-PL8搭載の30mmバージョンが最も効果的であると感じた。

このレンズはオリンパスのプロシリーズに属さないため、ウェザーシールがありません。OM-Dカメラを使用している場合、これは問題である。30mmマクロは、厳しい天候や大雨の中では使用しない方がよいでしょう。オリンパスは、密封された60mmマクロを提供しています。を?めている。このレンズは視野が狭いので、マクロ撮影や一般撮影には向いていない。しかし、マクロや全天候型マクロには使える。

関連読書: ニコン クールピクス A1000 レビュー

画質について

Imatest(新しいブラウザで開く)を使用して、20MP OM-D E-M1 Mark IIと組み合わせたときの30mmマクロのシャープネスとコントラストをテストしました。F3.5で、このレンズは強力な結果を生み出し、中央加重評価で画角あたり2,541本の線を達成しました。エッジは平均値(2.256本)ほどではありませんが、それでも良好な結果です。20MPのカメラで1,800本の線があれば、許容範囲と考えます。しかし、このレンズはこれを大きく上回る素晴らしい画質を実現しています。

F5.6(2.588本)、F8(2.605本)ともに画質は変わりませんが、若干の画質向上が見られます。絞り込むと回折現象で画質が低下することがあります。これはマイクロフォーサーズ用レンズでは想定内です。F11なら最低限のクリアな画質で撮影できますが(2.535本)、F16(2.116本)やF22(1.47878本)では解像感が損なわれます。

高倍率で被写界深度を深くするためには、絞りを絞って撮影する必要があります。オリンパスの最新ボディは、カメラ内スタッキングに対応しました。これは、複数の焦点距離の画像を1枚の画像に合成することで、より被写体にピントを合わせることができる機能です。F11よりも絞りを絞った撮影が必要な場合は、三脚も一緒に使用することを検討するとよいでしょう。

目に見える歪みを感じさせない。特にネガをデジタル化したり、資料を再現したりするのに使われることが多いマクロレンズでは、その傾向が顕著です。F3.5では、四隅の照明がわずかに落ちます。F4では-1EVとなり、絞り込むと目立たなくなる。1.4EVの差は許容できるものではありませんが、多くの画像で目立ちますし、気になるものではありません。これはソフトウェアで簡単に補正することができます。

関連読書: 富士フイルム X-S10 IBISを搭載したコンパクトでリーズナブルなボディー

結論

オリンパス M.ZUIKO DIGITAL ED 30mm F3.5 Macro マクロレンズは、マイクロフォーサーズのデジタルカメラで撮影する人にとって素晴らしい選択肢となるレンズです。オリンパス M.ZUIKO DIGITAL ED 30mm F3.5 Macroは標準的な画角なので、普段使いのレンズとして使い勝手がいい。価格も300ドルとオリンパスのプロ用レンズより安価です。オートフォーカスの速度はやや遅く、特に被写体を見つけるためにそのレンズの全範囲にピントを合わせなければならない場合。高倍率なので、他のキットレンズやトップエンドズームとは一線を画している。マイクロフォーサーズユーザーにはぜひとも注目していただきたいオプションです。