STEAM DECKのレビュー、買ってみるか?
By Ethan
2022-11-15

STEAM DECK is COMING

数年前におかしなことがあり、私はNintendo SwitchのためにPCゲームを買うようになりました。任天堂のポータブルは、重要なゲーム以外はそこで完結するため、私の主な選択肢となったのです。もし、外出先で同じように素早く持ち運べるPCがあったらどうだろう?今、Steam Deckはこの疑問を解決してくれるだろう。私と一緒に、Steam Deckを見に行こう。

スチームデッキの性能とスペック

Steam Deckはすでに2022年半ばまで完売しているが、その理由も理解できなくはないだろう。Valveは、およそiPad1台分の価格で、Steam PCのゲームライブラリをすべて持ち運ぶことができると約束している。見た目はタッチパッドを搭載した厚めのSwitchのようですが、ボンネットの下にはもっとたくさんのものが入っています。AMDの最新のZEN 2コアとRDNA 2グラフィックコアを搭載しており、XboxシリーズXやPS5に搭載されているものと同じですが、その数ははるかに少なくなっています。1440pのゲームプレイを大画面テレビに映し出す必要があるMicrosoftの300ドルゲーム機、Xbox Series Sの半分以下の性能です。

一方、Steam DeckはNintendo Switchのような7インチのタッチスクリーンに720pを配信すればよいのです。実際のゲームではどうなのでしょうか?こちらがNintendo Switchで動作する『ウィッチャー3』、そしてこちらが7インチのAya Neoで動作する『ウィッチャー3』です。このWindowsゲーミングポータブルは約700ドルで販売されています。これがSteam Deckです。Switch Portを簡単に吹き飛ばしただけでなく、ウィッチャー3をミディアムスペックで動かしていますが、これはAya Neoが管理できるグラフィックレベルよりもまったく高いものです。こちらは「コントロール」ですが、これも非常に負荷の高いゲームで、他のポータブルが低スペックで動作させるのに苦労する中、ミディアムスペックで動作させています。できることなら最大にしたいところですが、このようなゲームを持ち運ぶのに大きな妥協が必要とは思えません。

Steam Deckは、グリップ部分の厚みが2インチ近くあり、Nintendo Switchよりも半ポンド(約9kg)重く、カーゴパンツを履いているとはいえ、ポケットに入れて持ち歩くような代物ではないことは間違いありません。しかし、少なくとも平均的な大きさの手には、適切な場所にあると感じられる操作系が豊富にあるのも事実です。球状のSteamコントローラーでは、グリップが手のひらの肉に食い込むような感覚があったが、こちらはそうでもないらしい。この事の実際のサイズを見たとき、私は少し懐疑的でした。幅も高さも、Nintendo Switchがすっぽり入るほど。でも、指はその既成の溝にすっぽりはまり、Switchのカチカチしたものよりも、ソフトで簡単なトリガーと肉厚なサムスティックのほうが、すでに好きかもしれません。ジョイスティックの上部が滑らかなのは、慣れるまで少し時間がかかりそうです。滑り落ちないように、グリップエッジに頼らざるを得ませんでした。しかし、この平らな面には、なかなか巧妙な仕掛けが施されています。ジョイスティックやタッチパッドに触れると、静電容量式センサーが働き、ジャイロセンサーによる照準操作が可能になるのです。傾けるだけで狙いを定められます。

この機能は、PlayStation VitaやオリジナルのSteamコントローラーで気に入っていたもので、『DOOM Eternal』を少し遊んだだけで、ここでも気に入るだろうと確信しました。少なくともこの初期段階では、このハードウェアに問題がないとは言い切れません。Valveは、今回テストしたEV-2ユニットが最終的なビルドクオリティではないことを警告していましたが、それは見事に現われました。筐体の継ぎ目は粗く、充電口付近は傷がつきやすそうな感じです。また、EV-2本体を振ってみると、何かガタガタと音がしました。また、Valve社はバッテリー駆動時間について非常にオープンで、1回の充電で4時間のPortal 2を楽しめると約束していましたが、約1時間半のデモの間に本体が少し熱くなりました。デモが終わるころには、ほとんど電池がなくなっていたようです。また、Deckの最も高価な構成に同梱されているエッチングされたアンチグレアスクリーンを好むかどうかはわかりません。しかし、多くのマッドオプションと同様に、400ドルや530ドルの価格帯で得られる光沢ディスプレイと比べると、鮮やかさは感じられません。また、屋外に持ち出して真価を発揮させることはできませんでした。さて、部屋の中の象について話しましょう。

オペレーティングシステム

Steam DeckはLinuxで動きます。箱の中にLinuxが入っています。技術的には、これはSteam OSのバージョンで、その新しいUI機能のいくつかを他のSteamバージョンにもたらす新しいバージョンです。しかし、ボンネットの下はLinuxです。Linuxは、それが単にボックスからあなたのSteamライブラリ内のすべてのゲームを実行することはできませんことを意味します。大半のゲームについては、Windows ゲームを動作させるプロトン互換性レイヤーに頼ることになります。それでも、フォートナイト、Destiny 2、Apex Legends、PUBGなどの大作ゲームには疑問符がつきます。これらはアンチチートソフトに依存しており、Valveは発売に先駆けてプロトンに搭載するよう努力すると述べていますが、うまくいくかどうかは定かでありません。良いニュースは、Steam DeckがLinuxにロックされていないことです。本格的なPCなので、WindowsやOrigin、Epic Games Storeなど、PCで動作するものなら何でもUSB-Cポートに接続できますし、Bluetoothチップに接続したいものなら何でも接続可能です。私はBluetoothイヤホンを持っているのですが、Nintendo Switchとは異なり、Steam Deckで動作させることができます。

ゲームのインストール、複数のSDカードの交換、Steam Deckのタッチパッドと背面ボタンを最大限に活用するためのカスタムコントローラ設定の作成など、デモではできなかったことがたくさんあります。新しいSteam OSを思うように使いこなせず、互換性のテストも十分にできませんでした。しかし、通常、かなり簡単に動作するゲームであるDead Cellsが、少しぎくしゃくしているように感じられました。また、Valve社が警告していた、アプリの停止や起動時に時々フリーズするようなバグにも遭遇しました。Valve は、一度に複数のゲームを切り替えられるようにするかどうかをまだ決定しておらず、今回のプレリリースビルドは、それを試すと嫌がります。しかし、Valve が Steam コントローラー、Steam Link、Valve index の開発・サポートに携わった経験から、これらのプレリリースユニットの不具合が改善されることは想像に難くありません。

最後に

Valveは、Steam Decksが何百万台も売れると信じており、他のPCメーカーもこのポータブルブームに乗る可能性があることを示唆しています。Valveは、学んだことを他社と共有することを望んでいます。同社は、興味のあるPCメーカーにSteam OSを無償でライセンスすることを検討していると話してくれました。私としては、ValveはSwitchがインディーゲームの売上に食い込んでいることに気づいただけだと思うのですが、このアイデアは気に入っています。私自身も購入しました。どうなるかはお楽しみです。デスクトップほどの性能はないとわかっていながら、このようなPCゲーム用ポータブルを買いますか?