2022年版PC用PS2エミュレータ「PCSX2」紹介、設定方法、使い方!!Windows/MAC/Linuxの必要スペック【PlayStation 2
By momoka
2022-11-21

プレイステーション2には名作が多い。

最近はPS2時代のゲームも続々とHD化され、売り上げも伸びてきていますので
まだまだ楽しめる作品はたくさんありますが、グラフィックのためだけにわざわざ自分の作品を買い直すのはもったいない。
そうでしょう?

それなら、実機よりも快適にパソコンで美しい映像を楽しめるエミュレータを使いましょう!

今回ご紹介するエミュは、プレイステーション2エミュレータ「PCSX2」です。

PCSX2のインストール方法 ・各種設定方法
PCSX2を最大限に楽しむための推奨周辺機器
エミュや海外サイトを利用する際の注意点

上記の質問については、詳しい説明をご覧ください。

とりあえず、海外サイトで紹介されていた方法があるので、それを紹介します!

エミュレータ名

推奨度

対応デバイス

BIOS

日本語

PCSX2

★★★

MAC/Windows/Linuxの場合

必須

O

デーモンPS2

★★★

アンドロイド

不要

X

遊べ!!(笑

★★☆

MAC・Windows・Linux・IOS・Android

不要

X

PlayStation2エミュレータ「PCSX2」の必要スペックを教えてください。

レトロゲームと違い、PS2は3Dゲームが進化しているので、それなりのPCスペックが必要です。 公式要求スペックはこちら!

スペック表

最低限必要なスペック
●CPUCore2Duo 2.0GHz以上 / Athlon64 X2 2.6Ghz以上
メモリ:1GB以上
グラフィックボードグラフィックボード:Geforce7900GT以上/RADEON X1900GT以上
OS:WindowsXP以上/Linux

公式推奨スペック
CPUIntel Core2Duo 3.2GHz以上 OR i3/i5/i7 2.8GHz以上 OR AMD PhenoII 3.2GHz以上
メモリ:2GB以上
グラフィックボードGeforce8800 以上
OS:Windows7 以上 / Linux

最低限必要なスペックは、なんとか始められるレベルです。
もちろん、3Dゲームは快適に動かず、処理負荷の低い2DゲームでもOKです。

公式にはグラフィックを一切上げないことを推奨しており、実機と同じグラフィックで問題なければそのまま動作します。 しかし、このスペックのPCを使う意味はありません。

[個人的な推奨スペック]について

推奨CPU

第4世代Core i3 3.6Ghz以上

推奨GPU

GeForce GTX 750 Ti またはそれ以上

メモリ

4GB以上

これがあれば、ほとんどのソフトを高画質で楽しむことができます。
グラフィックボードは数千円程度で大丈夫です。
CPUよりPS2エミュの方が重要なので、改善した方がいい。

PCSX2に最適なPCの選び方とは?

メルカリで自作PCを購入した場合
またはヤフオクで購入した場合

その場合、このソフトを使用すれば。
パソコンに使われているパーツの詳細がわかるので便利です。

↑今ならコストパフォーマンス的に他のゲームにも使えるGTX1650

グラフィックボードについては、下記の記事で
スペック、消費電力、価格に見合ったコストパフォーマンスなど

総合的なGPU比較表を作成しましたので、参考にしてください!!。

PCSX2は、[ ゲーミングノートPC ]であれば問題なく動作します! 価格帯としては、10万円以下でもSSD、メモリ16GBの上記PCが適していると思います。

PlayStation2エミュレータ「PCSX2」ダウンロードと初期設定

ステップ1: pcsx2インストールファイルのダウンロード

pcsx2には正式版とSVN版がありますが、基本的には正式版で十分です。

ソフトによっては、正式版では問題がある場合がありますので、その場合はSVN版を使用することになりますが、今回は正式版のpcsx2を紹介します。

また、バイナリ版を選択した場合、Visual C++が必要になりますので、あわせてご紹介します。

[ダウンロードの手順]をご覧ください。

  1. 公式サイトへジャンプ"pcsx2"をクリックし、Windows / MAC / Linuxのロゴがあるので、対応するOSを選択します。
  2. PCSX2 1.4.0 Standalone Installer on the fly - 1.4.0 の左側にある download をクリックする。
  3. PCSX2 1.4.0をダブルクリックすると、セットアップが表示されますので、NEXTを押してインストールします。

これで初期インストールは完了です!

[Visual C++のダウンロード方法]

  1. EXEファイルを以下のリンクからダウンロードします。
  2. vcredist.x64(64ビット)
    vc_redist.x86.exe(32ビット)
  3. ダウンロード完了後、EXEファイルを起動します。
  4. 下のチェックボックスにチェックを入れ、[インストール]をクリックしてください。
  5. インストールが完了したら、コンピュータを再起動してください。

手順2:PS2 ROM(BINデータ)を用意する。

DamonPS2 for Androidを使用するには、PS2ゲームデータが必要です。

[PS2ゲームデータの準備]

DamonPS2の主な起動ファイル形式は"ISOファイル "です。

改造したPS2を通してPS2ソフトを吸い出せば、"ISOファイル"が抽出されますので、特に難しい変換作業は必要ありません。

吸出しの際に用意するもの

  • Windowsパソコン
  • HDD/SSDの記憶装置
  • 改造したPS2
  • PS2メモリーカード
  • 遊びたいPS2ソフト

改造さえ完了すれば、ゲームROMダンプの方法は簡単です!

↑ PS2 ROMデータのダンプ手順

ステップ3:PS2のBIOSを準備する

pcsx2EXEを起動する前に、まずBiosを設定します。

メインフォルダ内に新しいフォルダを作成し、名前を「bios」フォルダに変更します。

この中にPS2のバイオスを移動させましょう。
実機からバイオスを吸い出す方法があるので、そちらを利用しましょう! ※実機からバイオスをダウンロードする方法もあります。

* 「PS2 BIOS」をダウンロードする方法もありますが、ダウンロードはできません(笑)

海外のサイトからROMをダウンロードすることはできますか?

"吸出し手順が面倒..."

そこかと思いました!! 確かに、GoogleなどからROMデータを検索すれば、違法ダウンロードサイトなどに飛べますが、かなりのリスクがあります。

↑ このサイトからも簡単に手に入りますが、やめましょうね〜。

エミュレータは合法ですが、持っていないゲームのROMをダウンロードすることは海賊行為とみなされます。 既に持っているゲームの" バックアップコピー "を作ることを許可する会社もありますが、これも必ず許可されるとは限りません。

ROMはオンラインで無料配布されていますが、ダウンロードは禁止されています。

ステップ4.PCSX2での初期セットアップ方法

(PCSX2EXEを起動し、初期起動の設定を行います。

言語選択は日本語を基準にしていますので、次を選択してください。

③次にグラフィックやコントローラの設定がありますが、後で詳しく設定しますので、スキップしてください。

Bios Romを選択するので、先ほど作成したフォルダを選択し、該当するBiosを選択し、設定完了

手順5:PS2ゲームを起動する

ここまで来れば、あとは起動するだけです!

PCSX2の起動方法は2通りありますので、お好きな方法でお楽しみください。

自分のPS2ディスクから起動する場合

本物のPlayStation 2ディスクを読み込むのは簡単です。

[起動の手順]をご覧ください。

  1. ゲームディスクをDVDプレーヤーに挿入し、待機します。
  2. PCSX2で「システム」→「Boot CDVD (Full)」と進みます .

ただし、DVD-ROMドライブでゲームをプレイすることは、非常にお勧めできません。

PCSX2はCPUにかなり負荷のかかるエミュレータです。 DVD-ROMドライブからゲームを起動すると、速度が落ちてパフォーマンスが低下します。 ですから、できればISOフォーマットで持っているゲームをダンプしてから起動した方が快適に動作するはずです。

ISOロードブートの場合

[起動の手順]をご覧ください。

  1. プレステ2のISOを好きなところにまとめてフォルダに入れる。
  2. PCSX2を起動し、CDVD > ISO Selector > Browse 。
  3. パソコン上のファイルを選択できるようになるので、起動したいゲームをクリックして [ 開く ] をクリックします。
  4. System > (Full) Boot CDVD を選択すると、ゲームが起動します。

*次にPCSX2を開くときは、このリストから遊びたいゲームを選択することができます。

PCSX2 のプラグイン設定方法と手順

それでは、PCSX2の詳細な設定方法と機能を説明します。

PCSX2どこでもセーブ/ロード機能

PCSX2では、セーブポイントでなくても、PCSX2側でセーブデータの保存が可能です。

Capture State: セーブ状態をキャプチャするには、File > Save State で10個のスロットを選択します。 これらのスロットは、最大10個の異なるセーブ状態を保存できるように予約されています。 セーブ状態のキーボードショートカットは F1 です。

Load State(状態のロード):以前に保存した状態をロードするには、File(ファイル) > Load State(状態のロード)と進みます。 次に保存先のスロットを選択します。 保存をロードするためのキーボードショートカットはF3 です。

クイックキーボードショートカットを使って手動で使用することもできます。

PCSX2コントローラーのキーパッド設定

エミュレータは通常、すべてのキーボードキーがあらかじめ設定されていますが、PCSX2のキーは事前の設定が必要です。

PlayStation 2のコントローラはボタンが多いので、ゲームパッドの購入をお勧めします。 キーボードだけの使用はお勧めしません。

[起動時の手順]

  1. Config > Controller (PAD) > Plugin Settings を選択します。
  2. General , Pad 1 , Pad 2 のタブが表示されます。
  3. パッド1がプレイヤー1、パッド2がプレイヤー2です。 パッド1をクリックすると、以下の画面が表示されます。
  4. 赤枠内のボタンが、設定する必要のある全てのボタンです。
  5. この中のボタンをクリックする
  6. 設定したいキーボードキーまたはゲームパッドのボタンを押します。
  7. 設定に成功すると、「デバイス/PCコントロール/PS2コントロール」パネルに設定されたボタンが表示されます。
  8. すべてのボタンの設定が終了したら、[OK]をクリックします。

PCSX2 グラフィックプラグインの設定

グラフィックを設定することで、PS3の画質を再現することができます。

ゲームによって、最適な変更方法がありますので、下記の記事を参考に設定してください。

サウンドプラグイン「PCSX2」を設定する

サウンドを設定することで、高音質なサウンドを楽しむことができます。

ゲームによって、最適な変更方法がありますので、下記の記事を参考に設定してください。