漫画Japanとは?最新情報とかわりのサイト紹介!
By momoka
2022-11-21

『ワンピース』や『呪術廻戦』『キングダム』などの人気漫画が無料で読めると噂のサイト「漫画japan(ジャパン)」

実は漫画japan(ジャパン)は海賊版の違法サイトで、つい最近閉鎖されたと話題になっています。

今回の記事では、この漫画Japanの最新情報を紹介して、かわりにんなるサイトも紹介します。

漫画Japanとは

MANGA JAPAN

「MANGA JAPAN」は、日本の漫画を多く取り揃えている漫画サイトで、他の漫画サイトの影に埋もれがちではありましたが、現時点(2022年5月22日)での利用者は多いです。

無料で漫画を読むことは可能ですが、安全性は低いです。また、著作権の問題で規制される可能性も考えられています。

漫画Japanのかわりになるサイト

Myreadingmanga(閉鎖)

漫画Japanのかわりになるサイト1は、myreadingmangaです。

myreadingmanga(myreadingmanga.info)は、主にBL(ボーイズラブ)、YAOI、BARAの漫画を掲載している漫画無料海賊版サイトです。

残念ながら、現在は閉鎖されました。

Combay(閉鎖)

漫画Japanのかわりになるサイト2は、combayです。

"combay "は、2021年11月にオープンした漫画無料海賊版サイトです。

サイトのデザインは、左上に「漫画コンバイ」のロゴ、真ん中に「Webコミック」の文字、その後に検索欄があるという非常にシンプルなものですが、検索欄で漫画を調べることで、多くの 漫画を無料で読むことができます。以前開設されていた違法漫画サイト「漫画BANK」の後継サイトと思われます。

残念ながら、現在は閉鎖されました。

WeLoveManga(続いて運営している)

漫画Japanのかわりになるサイト3は、WeLoveMangaです。

WeLoveMangaが閲覧・表示できない現象があったようですが、現在は再び閲覧できるようになりました。

様々な違法漫画サイトが存在し、閉鎖と復活を繰り返しています。

突然見れなくなったり、表示されなくなったりする可能性も高いですが、元々漫画無料海賊版サイトなので仕方ないですね。

公式サイト:https://welovemanga.one/

Fbay(閉鎖)

漫画Japanのかわりになるサイト4は、Fbayです。

Fbay」は「漫画bank」が閉鎖された後に作られた後継漫画無料海賊版サイトです。

しかし、「Fbay」はすでに閉鎖されているため、後継サイトが登場することになったのです!

サイトのデザインは「漫画バンク」とほぼ同じなので、サイト名と管理人さんが変わっただけと言われています。

残念ながら、現在は閉鎖されました。

Erocool(閉鎖)

漫画Japanのかわりになるサイト5は、erocoolです。

erocoolは、エロ漫画を無料で閲覧できるエロ漫画無料海賊版サイトです。しかし、erocoolは2021年2月より閉鎖され、利用できなくなりました。

LoveHeaven(閉鎖)

漫画Japanのかわりになるサイト6は、LoveHeavenです。

LoveHeaven はlovehugと同じく、権利者の許可なく漫画を掲載していたため、漫画無料海賊版サイトとして一時期閉鎖されていました。

Rawdevart(続いて運営している)

漫画Japanのかわりになるサイト7は、Rawdevartです。

Rawdevartとは、無料で漫画を読める違法サイトです。そして、Rawdevartでは、有名な漫画を読むことはできません。どちらかといえばWeb小説やライトノベルが原作のコミカライズ版をたくさん読めるようになっています。

公式サイト:https://rawdevart.com/

漫画RAW(続いて運営している)

漫画Japanのかわりになるサイト7は、漫画RAWです。

漫画ロー(漫画RAW・Mangaraw)は、無料で漫画が読めるサイトです。

Mangaraw.comは既に閉鎖されています。

漫画村や漫画バンクの代替・後継サイトであり、漫画の閲覧をできるサイトの一つです。

2022年9月の現在、漫画RAW(manga1000.com)のサイトは閉鎖されていますが、漫画RAW最新のURLで再開します。

公式サイト:https://j8jp.com/

漫画play(閉鎖)

漫画play(漫画プレイ)の現状は!閉鎖したか?違法漫画サイトをまとめて解説

漫画Japanのかわりになるサイト8は、漫画playです。

漫画PLAYは、漫画バンク、COMBAY、F-BAYに次いで登場した無料サイトです。これまでの無料サイトと同じく、無料で漫画を読むことができる海賊版サイトです。

残念ながら、現在は閉鎖されました。

mangagohan(漫画飯)(閉鎖)

漫画ごはん(ご飯)が閉鎖!mangagohanの代わり&後継になる無料電子書籍アプリ・サービスも紹介

漫画Japanのかわりになるサイト9は、mangagohanです。

mangagohan(漫画飯)は、以前運営されていた海賊版漫画サイト「漫画RAW」の後継サイトという噂があります。しかし、いろいろと調べてみると、どうやら関係なさそうです。

漫画無料海賊版のリスクと危険性

そもそも、漫画Japanのような海賊版サイトを運営することは違法行為です。罰則の対象となる場合もあります。

事例として、2019年9月24日に「漫画村」という海賊版サイトの運営者が逮捕されました。

2021年6月2日、福岡地裁で懲役3年、罰金1000万円、追徴金約6257万円の有罪判決が下されています。

それでも海賊版サイトが運営を続けているのは、広告収入などで多額の収入を得られるからです。

無料で読めるからと海賊版サイトを利用すると、以下のような危険性があります。

海賊版サイトの危険性

  1. ウイルスに感染する
  2. 悪質なサイトへの誘導
  3. 個人情報の流出
  4. バッテリーや容量の消耗

ここでは、それぞれの海賊版サイトの危険性について説明します。

1. ウイルス感染の危険性

漫画Japanなどの海賊版サイトにアクセスしただけで、パソコンやスマートフォンがウイルスに感染し、壊れてしまうことがあります。

その結果、修理代が必要になり、場合によっては漫画を買うよりも高くついてしまうこともあります。海賊版サイトよりも公式サイトを利用した方が安全です。

2. 悪質なサイトへの誘導のリスク

また、漫画Japanなどの海賊版サイトでは、大量の広告が表示されます。

その広告をクリックするだけで、何らかの理由で金銭を要求されることがあります。

3. 個人情報の流出

漫画Japanなどの海賊版サイトでは、会員登録画面が頻繁に登場しますが、海賊版サイトの会員になることは非常に危険です。

海賊版サイトでは、会員登録で得た個人情報を悪用するケースが多々あります。

例えば、クレジットカードの情報を知らないうちに悪用され、身に覚えのない出費がかさむ危険性があります。

SNSのアカウントも例外ではありません。

4. バッテリーやポイントの消耗

海賊版サイトにアクセスするだけで、バッテリーやデータ容量を大幅に消耗することがあります。

これは、漫画Japanなどの海賊版サイトの中には、アクセスするだけで勝手に仮想通貨を生成するスクリプトが含まれているものがあるからです。

仮想通貨の生成には、バッテリーやデータ容量を大量に消費します。

その結果、CPU使用率が100%になり、端末が動かなくなったり、電池が切れたりするケースがあります。

漫画Japanの代わり&後継になる安全なサイト

ここでは、漫画Japanの後継となる安全なサイトをチェックすることにします。

コミックシーモア

コミックシーモア

コミックシーモアは、漫画Japanの代替サイトとして推奨しています。

コミックシーモアは、NTT西日本の子会社であるNTTソルマーレ株式会社が運営する正規版配信サービスです。

2004年のサービス開始以来18年の実績があり、コンテンツの利用を承認する「ABJマーク」を取得しているため、安心して利用することができる。

コミックシーモア」は、「漫画Japan」とは異なり、正規の電子書籍サービスでありながら、15,000冊以上の漫画を無料で読むことができます。

また、漫画を読む際、漫画Japanはアプリでしか読めませんが、コミックシーモアでは、アプリだけでなくブラウザでも漫画を読むことができます。

まんが王国

まんが王国

危険で違法な漫画Japanサイトに代わるものとして、法律を遵守して安全に運営されている漫画王国もお勧めします。

まんが王国は日本最大級の漫画コレクションを誇り、3,000タイトル以上の漫画を無料で読むことができます。

まんが王国はABJマークを取得している合法サイトなので、無料で漫画を読んでも著作権法上の課金はされません。

また、購入時や利用時にポイントが還元されるのも「まんが王国」の魅力です。

1日あたりのポイント還元率は最大50%なので、まとめ買いの際はまんが王国の利用をおすすめします。

また、1日1ポイント付与される「来店ポイント」や1日2回引ける「おみくじ」など、お得に漫画を購入できるサービスも多くあります。

Ameba漫画

Amebaマンガ

Ameba漫画は、違法な漫画Japanとは異なり、安全かつ安価にご利用いただけます。

Ameba漫画の運営会社は、「ABEMA」「Amebaブログ」「グランブルファンタジー」を提供する株式会社サイバーエージェントです。

漫画Japanと違い、運営会社がしっかりしているだけでなく、ABJマークも取得しているので、安心して利用することができます。

Ameba漫画は40万冊以上の漫画を扱っており、そのうち1000冊以上は無料で読むことができる。

また、会員登録するだけでもらえる40%OFFクーポンを利用すれば、有料漫画を最大100冊までお得に購入することができます。

U-NEXT

U-NEXT

U-NEXTも漫画Japanの代わりとして利用できるおすすめのサービスです。

漫画Japanは漫画しか読めませんが、U-NEXTは漫画以外にもアニメや映画、ドラマの動画を見たり、雑誌を読んだりすることが可能です。

U-NEXTは、月額会員になることで利用できるサイトですが、31日間の無料トライアルがあります。

無料トライアルを利用すれば、動画が見放題、雑誌が読み放題になるだけでなく、600円分のポイントも無料で手に入れることができます。

600ポイントあれば、漫画を購入したり、新作映画をレンタルしたりすることができます。

また、漫画を購入すると最大40%分のポイントが還元されます。