Iphonenのバッテリーを交換する目安はいつ?分かりやすい解説!

By momoka
2023-01-18

iPhoneのバッテリーの寿命には限りがあります。使用しているうちに徐々に劣化していきます。ほとんどのバッテリーは最低でも2~3年、多くの場合はそれ以上使用できますが、iPhoneのバッテリーの交換時期はどのように判断すればよいのでしょうか。

ここでは、iPhoneのバッテリー交換の目安を知るためのヒントをご紹介します。

iPhoneのバッテリーのしくみ

iPhoneは充電式のリチウムイオンバッテリーで動作します。高速充電が可能で、これまでよりも軽いバッテリーに多くの電力を詰め込むことができます。古いiPhoneは、バッテリーの劣化を補う先進的な機能が搭載された新しいモデルと比べて、バッテリーの問題が発生しやすくなっています。しかし、すべてのバッテリーは時間の経過とともに劣化します。

iPhoneのバッテリーの問題

携帯電話が不意にシャットダウンしたり、1回の充電で1日を過ごせなくなったりする場合は、バッテリーに問題がある可能性が高いです。その他の兆候としては、アプリの動作が重くなったり、スピーカーの音量がいつもより小さくなったりすることがあります。

iPhone のバッテリーの状態を確認する方法

バッテリーの健康状態を確認するには、iPhoneが充電されていることを確認してから、「設定アプリ」>「バッテリー」と進み、「バッテリーの状態」をタップします。ここには、最大容量、ピークパフォーマンス性能、重要なバッテリーメッセージ、iPhoneのバッテリーの交換時期に関する情報が表示されます。

iphoneバッテリーの「最大容量」

ここで、バッテリーの交換が必要かどうかが明確になります。このパーセンテージは、携帯電話のバッテリー容量を新品時と比較して測定したものです。最初は100%(またはその下)、バッテリーの年齢とともに容量は減少し、充電間の時間が短くなることを意味します。Appleによれば、最大容量の下に表示される数字が80%以上であれば、バッテリーは健康な状態です。

「ピークパフォーマンス性能」

「ピークパフォーマンス性能」はiPhoneの自己診断システムに関する表示で、現在使用しているiPhoneのバッテリーがAppleが定めた基準のパフォーマンスに達しているかを表しています。

問題なければ、『お使いのバッテリーは、現在、標準のピークパフォーマンスに対応しています。』と表示され、問題があれば、『この iPhone で、必要なピーク電力をバッテリーが供給できなくなったため、突然のシャットダウンが発生しました。この現象が再度発生しないように、パフォーマンス管理が適用されました。』という表示がされるようになっています。

iPhoneのバッテリー交換の目安は?

では、iPhoneのバッテリーを交換する目安は一体何なのでしょうか?

80%未満になったら

iPhoneに限らず、ほとんどのスマートフォンはリチウムイオンバッテリーを電源として利用しています。リチウムイオン電池は、化学的な経年劣化や満充電のサイクルによって劣化することが宿命となっています。

突然のシャットダウンを防ぐためには、バッテリーが最大容量の80%以下になったら交換することが望ましいとされています。

バッテリーフル充電500回(1年半―3年)

容量が80%以下になったら "と聞くと、バッテリー交換の費用を用意するのは難しいかもしれません。では、バッテリー交換までの標準的な年数というのはあるのでしょうか。

Appleの公式ページでは、「iPhoneのバッテリーは、フル充電サイクルを500回繰り返した時に、本来の容量の最大80%を維持できるように設計されています」と記載があります。電サイクルとは、バッテリーを合計100%まで充電した回数を指します。

例えば、iPhoneのバッテリーは、1日目は容量の75%を消費し、その日の夜に100%まで充電され、2日目は容量の25%しか使わず、その日の夜に再び100%まで充電され、3日目は容量の25%しか使わず、その日の夜に再び100%まで充電されています。

これまで100%に充電した回数を回数としてカウントするのではなく、「100%に充電した回数の合計」を満充電サイクルとカウントしているのです。つまり、今回の場合、2日間で100%を消費したので、1サイクルは2日間となります。

仮に毎日100%使用した場合、約1年半で「500回」に到達することになります。就寝時(充電前)に半分残した場合、500回に到達するまでに約3年かかり、電池の最大容量が80%以下になる可能性があります。

劣化の症状

 バッテリーに問題がある場合に起こる症状
  • (1)発熱している
  • (2)残量表示がおかしい
  • (3)アプリが頻繁に落ちる
  • (4)画面が暗くなる
  • (5)スピーカーの音量が小さくなる

上記のような症状がある場合は、iPhoneを使用する上でかなり不便を感じるはずです。

iPhoneのバッテリーを交換する方法

バッテリーの交換は簡単で、費用対効果も高く、携帯電話の寿命を延ばすのに最適な方法です。DIYバッテリー交換キットもありますが、自分が何をしているかを正確に知る必要があるため、iPhone修理の専門家に依頼するのが最善の方法です。

AppleCare

AppleCare+をお持ちの場合、またはお使いの携帯電話が保証期間内であれば、Appleは無料であなたのバッテリーを交換することができます。そうでない場合は、iPhoneのモデルによって5,940円〜77,480円費用がかかります。

「(ドコモ・au・ソフトバンク)キャリア」でバッテリー交換をする方法

  • 修理料金:5,940円〜77,480円
  • 修理期間:当日〜1週間程度
  • データ:修理時に消去されます。

iPhoneのバッテリーを長持ちさせる方法

iPhoneのバッテリーを交換するタイミングについてご紹介しましたが、交換するにしてもしないにしても、iPhoneのバッテリーを長持ちさせるような使い方をするのが良いのは確かです。

以下、iPhoneのバッテリーを長持ちさせるためのコツをご紹介します。

iOSを最新バージョンにアップデート

iPhoneのOSのアップデートには、省電力に関連する内容が含まれていることが多いです。

頻繁にアップデートすることで、バッテリーが劣化していてもパフォーマンスの劣化を抑えることができる場合があります。

一定の環境温度で使用する

iPhoneが動作する最適な温度は、「16℃~22℃」に設定されています。

気温に関しては、iPhoneは0℃~35℃の間で動作するように設計されています。夏や冬に屋外でiPhoneを長時間使用することは、バッテリーによくありません。

特に、真夏の車内など高温になる場所に放置すると、バッテリーの劣化が早まりますので、そのような使用は絶対に避けてください。