【 衝撃】生きたメキシコ映像の内容とは?残虐な殺人の真相に迫る!

By momoka
2022-11-21

"生きたメキシコ "といえば、残酷な処刑動画で有名ですが.

あまりにグロテスクな内容のため、"フェイクビデオか合成か "と言われています。

メキシコの麻薬組織が公開した動画ですが、なぜこの動画を流したのでしょうか?

そして、動画を見ることでウイルスに感染する可能性もあると言われています.

事件の真相や動画の内容についてはネタバレがあるので、今回はこの動画が本当にフェイク動画なのか、合成動画なのか、動画の翻訳、ウイルス感染についてお話したいと思います。

なお、この記事には、該当する動画につながるURLやリンクは含まれていませんので、ご安心ください。
ただし、かなり奇抜な内容の記事ですので、グロテスクな表現が苦手な方は、ブラウザをバックアップするか、注意してお読みください。

生きたメキシコは絶対に検索してはいけない言葉

検索してはいけない言葉」をご存じでしょうか。

当時、インターネット上で、Googleなどの検索エンジンに「検索してはいけない言葉」を入力し、検索結果を見ることが流行しました。

ヒットした検索結果は、グロテスクで残酷な動画や画像であることが多かったように思います。

なかでも「生きたメキシコ」は、最後まで見ることができないトップクラスの残酷動画として知られている。

検索したら間違いなく後悔して精神的ショックを受けるので、"検索してはいけない言葉 "の代表といっても過言ではないでしょう。

生きたメキシコとは?

生きたメキシコとは、ある麻薬カルテルが例として世界に公開した公開処刑の映像です。

現在進行中の麻薬カルテルとそれを取り締まる政府との対立と関係があると噂されています。

また、この動画は1つではなく、複数あるようですが、とにかくどれも残酷です。

ネット上で有名なのは、親子が処刑される動画ですが、他にも処刑の動画はいくつかあり、それらをまとめて「生きたメキシコ」と呼んでいるそうです。

実際に「生きたメキシコ」の映像内容はどのようなものなのでしょうか?

「生きたメキシコ」は、その名の通り、生きたまま拷問され、処刑される複数のビデオのことを指します。

処刑の方法は様々ですが、どれも首を切ったり、心臓を取り出したりと残虐性の高いものばかりです。

動画は、敵対する麻薬組織や治安部隊との抗争の結果、捕まった人々の処刑の様子である。

なお、この手のグルービー動画はモザイク処理されていないことが多いのですが、もちろんメキシコのライブも例外ではなく、大量の血や肉塊が映し出される生々しい内容になっています。

ここからは、そんな "生きたメキシコ "にまつわる、じっくりと見ておきたい有名な動画を3つほどご紹介します。

動画の内容①:親子殺人事件

まず紹介する動画は、「生きたメキシコ」の中でも最も有名な、親子殺害の動画です。

この動画はかなり衝撃的で、父親が殺害された後、息子は生きたまま肉を剥がされ、最後には心臓が取り出されます。

また、父親の死を目の当たりにした息子はずっと泣き続けている様子が映し出されており、グロいだけでなく精神的にもダメージが大きい。

さらに調べると、この親子は麻薬シンジケートの一つ「グアルディア・ゲレンセ」のメンバーであり、敵対組織「シナロア・カルテル」のボス「エル・マイヨ」に所属する刺客によって処刑されたことが判明したが、それではない。

親と一緒に麻薬組織に所属していたからこんな運命になったのかもしれませんが、こんな残酷な殺し方をしてしまうと麻薬カルテルの恐ろしさが身に染みてわかります。

親子殺人事件1:父の最期

それでは、衝撃的な親子殺人の動画を詳しく見ていきましょう。

動画が始まると、全裸で拘束され、地面に座り込んでいる親子が映し出されます。

以下、動画の内容↓。

父親は目隠しをされ、敵組織のメンバーからこん棒で何度も殴られている。
メンバーの一人が、厳しい口調で父親を責めている。

殴打が終わると、一人のメンバーがナイフで父親の首を切り、さらに何度も切りつける。
半分ほど斬ったところで父親の首から多量の血が流れる。

大量の出血の後、父親の首が切り落とされる。
組織のメンバーがその場で父の首を投げる。

こうして、父は生きたまま首をはねられ、想像を絶する苦痛の中で最期を迎えました。

その間、父は声にならない叫び声をあげていたが、最後に空を見上げて無表情に瞬きをした後、死んでいった。

死を覚悟していたかのような父親の神妙な表情が捉えられている。

親子殺人事件2:息子への拷問

父親を殺害した組織のメンバーは、次に息子にターゲットを移す。

瀕死の父親を見た息子は、恐怖のあまり泣きながら後ずさりする。

そしてここから、父親の断末魔を超える拷問が息子に与えられる。

以下、動画の内容↓。

組織のメンバーが後ろからナイフで息子の胸と背中を刺す。
刺された部分から胸の肉を削り取るように皮を剥ぐメンバーがいる。

そのまま肉を削ぎ落とすメンバー。
その時、誤って両手を離し、必死に抵抗する息子。

他の組織のメンバーが息子を押さえつけ、身動きが取れなくなる。
先ほどの組織のメンバーが、心臓だけを避けて、腹部まで皮を剥いでいく。

露出した肋骨と心臓が映し出される。
息子はかろうじて息をしているので、呼吸とともに内臓が動いているのがわかる。
↓ 一人が
メンバーがナイフで肋骨を切り落とし、息子の体から引きずり出す。
さらに、心臓を体から切り離す。

最後に心臓を息子に被せ、ナイフで突き刺す。

このようにして、息子は生きたまま胸から腹にかけて皮を剥がされ、内臓はぐちゃぐちゃ、心臓は切り取られるという最悪の結末を迎えました

このビデオの撮影後、最悪の結末を迎えたこの親子の遺体は、山の中でバラバラになって発見されたようです。

映像の内容②。ナイフで胸を切る

次の「メキシコを生きる」は、ナイフで胸を切り落とされて処刑された男の動画です。

動画が始まると、男性が全裸の状態で拘束され、足で踏まれる様子が映し出されます。

以下、動画の内容です。

被害者の顔を踏みつけ、ナイフで胸を切り裂く。
そのまま、男性の胸に深い切り傷をつける。

男は痛みに泣き叫ぶが、相手は怒鳴りつける。
男の胸に四角い切り傷ができた。
↓ 相手が切り込みを入れると
相手が切り込みを入れると、素手で皮と肉を剥ぎ取る男
は体を痙攣させている。
↓ 相手は
相手は切り口が足りない部分を包丁で切り、包丁で肉を削ぐ。
最後に、男の心臓を取り出して刺す。

このように、男は生きているうちに胸を包丁で四角く切り、心臓を刺して殺すのである。

男はずっと痙攣しているので、もしかしたら心臓を刺されるまでは息をしていたのかもしれません。

また、相手はかなり人間の解体に慣れているようで、魚をさばくように素早く作業をする様子が、この動画の怖さをさらに表現しています。

映像の内容 ③.生きたまま両足と両手を切断する様子

3つ目の「生きたメキシコ」は、生きたまま手足を切断され処刑された男の映像です。

動画が始まると、下着姿の男性が拘束され、髪を掴んで顎を上げている様子が映し出されます。

以下、動画の内容↓。

相手が男性の喉に鉈を突き刺す。
(動いたら首を切るという脅し?)

相手は男性の足首を切り落とそうとナタを激しく振り下ろす。
しかし、失敗し、足首の一部がつながったままになっている。

相手が男性の足首を掴んで無理やり引きちぎり、男性の足首を切断する。

その後、相手は男を地面に寝かせ、今度は腕を切り落とそうとする。
右腕の脇のあたりからナタをノコギリのように動かして、右腕を切断。

もう片方の腕も脇の下から切られ、左腕が切断される。

このように、男は生きている間に、足首→右腕→左腕の順で手足を切断されたのである。

右腕を切り落とされたとき、男性は生きているのかいないのかわからないほど弱っていたようです。

また、他の動画と違って下着姿で拷問されているのは、解体するときに服が邪魔になったからでしょう...。

ビデオ内の訳語について教えてください。

動画内の言葉を訳すと、おそらく2人はライバルの麻薬組織か警察に情報を流したのだと思われます。

敵対組織のメンバーが父親を拷問しているようで、「なぜ情報を漏らしたんだ!」と言っているようです。

しかし、実際の訳がないため、このように伝わっているという説しかない。

「生きたメキシコ」の "生きた "とは何か?

"生きたメキシコ "と呼ばれるようになったのは、犠牲者が「生きたまま拷問され、殺されたからです 。

殺さずにできるだけ生きたまま拷問するやり方は残酷で、世界的に有名になりました。

「生きたメキシコ」動画は偽物?

生きているメキシコ」では、遺体が解体されるにもかかわらず、被害者が抗議している.

しかし、実際に死体が発見されたため、フェイクビデオや合成ではなく、本物の処刑ビデオであることが判明しました。

なぜフェイクビデオと言われるかというと、被害者の体に何度もナイフが刺され、皮膚がはがれ、内臓が見えているからです。

普通ならその時点で動くことは不可能なのですが、それでも悲鳴をあげて抵抗するので、見た人は信じられず、フェイクビデオだとか合成だとか言ってしまうのです。

「生きたメキシコ」の見方とは?

もちろん、本物と判明した「生きたメキシコ」の映像にはモザイクはかかっておらず、すっかり変わってしまった被害者の遺体もはっきりと映っています。

「生きたメキシコ」の映像を見る方法ですが、Googleなどの検索エンジンで検索すれば見ることができます。

手順としては、「生きたメキシコ」で検索すると、該当するヤフー知恵袋のページがヒットする。

そのページに記載されているURLから飛ぶと、『【閲覧注意】【メキシコ】麻薬カルテルが敵対組織のメンバー2人を拷問、生きたまま心臓を取り出し殺害』と題した親子殺人の動画が見られます。

"Re "をクリックします。動画が掲載されている「File」は、世界中のグロテスクな画像やゴアビデオを紹介しているサイトですが、一部の動画にはパスワードが設定されており、気軽に閲覧できないようになっているようです。 です。

知恵袋にも動画のパスワードが記載されていますので、ご覧になりたい方はご安心ください。

ちなみに、別の情報ですが、「閲覧注意 Alive heart」で検索すると、他にも「生きているメキシコ」の動画を見ることができるようです。

なぜ「生きたメキシコ」のような動画がアップロードされるのか?

では、なぜ「生きているメキシコ」のような動画がアップロードされるのでしょうか。

敵対組織の関係者だけでなく、一般人も処刑に加わっているようですが、なぜこのような残酷な行為が繰り返されるのでしょうか?

また 、なぜわざわざ生きたまま処刑の動画をアップロードするのでしょうか?

その理由を詳しく見ていきましょう。

麻薬カルテルによる対決

なぜ、こんな残酷な動画をアップするのか ?

その理由は、麻薬組織が敵対する組織に自分たちの組織の恐ろしさを見せつけるためです .

わざと生きたまま処刑することで、このような行為を繰り返し、誰も組織に逆らえないようにするようです。

他の組織への警告

敵対する組織への警告として残酷な行為を繰り返すのは、敵対する組織が多いからだと思われます。

麻薬の密売が盛んなメキシコでは麻薬カルテルが活躍しています。

麻薬の売買は非常に儲かるので、どの組織も積極的に取り込んでいる。

そのため、敵対する組織もかなり多く、さらに政治家や警察には賄賂を渡し、従わない者は家族もろとも殺されることもあるそうです。

このように自分たちに逆らえないように、警告として処刑したり、ビデオを流したりしているようです。

仲間からの裏切りに対する強化

残虐行為は、敵組織に対してだけでなく、身内に対しても有効なようです。

複数のメンバーで相手を徹底的に拷問して殺すことで、仲間を裏切ろうとするメンバーへの牽制にもなります。

他の仲間に対して、"俺を裏切ったら、こんな苦痛を味わうことになるぞ!"と間接的に脅すことで、"裏切り者 "に対する牽制にもなる。

麻薬カルテルが組織化されているのは、目標達成や組織の人間関係が良好だからではなく、恐怖心がメンバーを支配し、組織化しているからである。

「生きたメキシコ」ような残忍な殺人の理由は何でしょうか?

なぜメキシコではこのような残虐な殺人が起こるのでしょうか?

かつては、大規模な組織が小規模な組織を取り込むというように、ある程度組織がまとまっていた。

しかし、ある出来事をきっかけに麻薬カルテル同士の対立が激化し、関係が悪化したようです。

また、メキシコは治安が悪く、ほとんどの治安部隊が機能していないため、このような残虐な行為が横行していると言われています。

メキシコの麻薬カルテルを深く掘り下げ、なぜこれほどまでに残虐な処刑が行われるのかを見ていこうと思う。

メキシコの麻薬戦争が始まる

まず、メキシコでなぜ麻薬カルテル同士の関係がここまで悪化したかを見てみよう。

麻薬カルテルは、以前から耕作地の奪い合いや縄張り争いで多くの事件を起こし、関係者だけでなく多くの一般市民が殺されてきました。

この状況に危機感を覚えた当時のメキシコ大統領は、2006年、麻薬カルテル撲滅のために軍を派遣し......戦争」が始まりました。

この激しい武力衝突で、戦争による被害は決して小さくなく、5,000人近い遺体が発見された。

しかし、戦争の結果、麻薬カルテルの組織規模そのものは縮小し、成果を上げたが、これは逆効果だったようだ。

残念ながら、大きな麻薬カルテルから分離した小さな麻薬カルテルが続出し、組織間の対立が激化し、警察も対処しきれなくなったのである。

このように、政府との大きな武力抗争によって小さな麻薬カルテルが増え、組織間の対立が激化して関係が悪化していったと言われています .

残忍な麻薬カルテルロス・セタスとは?

メキシコにはさまざまな麻薬カルテルが存在するが、その中でも最も凶悪なのが麻薬カルテル「ロス・セタス」である。

ロス・セタスは、史上最も冷酷な麻薬カルテルとして、アメリカ政府から最も危険な存在として知られています。

当時は国内ナンバーワンの勢力を誇っていたため、他の組織との確執も多く、麻薬カルテル同士の抗争はかなり頻繁に起こっていました。

しかし、ロス・セタスは軍隊並みの規模であり、メンバーの多くが元軍人や元特殊部隊の隊員であった。

そのため、武器の扱いに長けたメンバーが活躍し、中には武器を持ち出して戦う者もいた。

厳しい訓練を受けたエリートマフィアばかりを集めた麻薬カルテルだからこそ、紛争で多くの勝利を収め、勢力を拡大することができたのだろう。

ロス・セタスのリーダー、ヘリベルト・ラズカノ

では、メキシコで最も凶悪な「ロス・セタス」のリーダーとはどんな人物なのだろうか。

ロス・セタスのリーダーは「エリベルト・ラスカノ」と呼ばれ、組織の中で最も残忍な人物として知られている。

彼がトップになった結果、メキシコ全土に軍人、特殊部隊、警察などを雇い、メンバーを大幅に増やし、1万人規模の大規模組織にまで拡大しました。

別名「死刑執行人/executor」と呼ばれ、アメリカ政府は約500万ドルの巨額の懸賞金をかけた。

メキシコ、2019年の殺人件数が過去最多を記録

メキシコでは麻薬カルテルにより、警察が機能せず、危険地帯はほぼ無法地帯と化している。

麻薬戦争の影響で、犯罪を取り締まるはずの保安庁が弱体化し、犯罪件数が急増した。

その結果 、2019年の殺人件数は36,690件と過去最高を記録した。

また、警察官の中には賄賂を放つ者もおり、臓器売買に手を染める者もいると言われている。

このように犯罪者と警察官が結束しているため、凶悪犯罪が取り締まられないのかもしれません。

もちろん、警察が機能していないから、一般市民への被害も後を絶たないようだ。

日本の殺人件数の約43倍

メキシコの殺人件数を知っていても、具体的な数字がわからない人もいると思うので、日本との比較をしてみましょう。

2021年、日本で認知された殺人事件の数、つまり警察が認知した殺人事件の数は800件でした。

単純計算でメキシコは日本の約43倍の殺人事件が発生していることになりますが、実は日本はメキシコとほぼ同じ人口なんです。

つまり、同じような人口の国で、殺人事件の件数にかなりの差があるということは、それだけ殺人事件が頻発しているということになる。

しかも、その治安の悪さは想像を絶するレベルであることを表現している数字でもある。

メキシコを生きる」を見るとウイルスに感染する恐れがある!

メキシコ中継」を観るとウイルスに感染すると噂されていますが、実際に観るとどうなるのでしょうか?

メキシコのライブ動画があるサイトを見たら、ウイルスに感染するんでしょう?

私は来ませんでしたが、興味本位で友達と一緒に見たら後悔したので、見ない方がいいですよ~(私は途中で断念しました。

ウイルスが検出されない 「8個のウイルスが検出されました」みたいなのがあると思います。このアプリをダウンロードすれば解決します」と表示されることが多いですが、あれは嘘ですのでご安心ください。

このように、ウイルスの閲覧は問題ないようです。

ただ、検索した段階で変な別サイトに誘導され、ウイルスに感染する可能性はあるようです.

なので、やみくもに検索して出てきたものを全てクリックするのはやめたほうがよさそうです。

「生きたメキシコ」以外で検索してはいけない言葉は?

"生きたメキシコ "は検索してはいけない言葉として有名ですが、他にも「検索してはいけない言葉」はたくさんあります。

検索して出てくる動画は、どれもグロテスク 、残酷で、最後まで見ていられないものばかりです。

ここからは、トップクラスの残酷動画がある「ワード」を、ネタバレありで紹介していきます。

検索してはいけない言葉1. "海外が一瞬でわかる"

"海外が一瞬でわかる " と聞くと、海外を紹介するサイトがあるのかと思うような名前ですが、実はとても残酷な殺人が収録されている動画なんです。

海外のギャングが敵対する組織にこのようなビデオを見せることは珍しくないようです。

このビデオでは、わずか1分あまりで男の首が切られ、バラバラにされているのです.

一瞬で海外がわかる」というより、「一瞬で海外ギャングの恐ろしさがわかる」と言った方がいいかもしれません。

検索してはいけない言葉② "ウクライナ21"

次は、3人の少年が起こした連続殺人事件"Ukraine 21 "です。

この映像では、動けない男性を鈍器で殴り、アイスピックで全身を刺し、アイスピックで目玉を取ろうとする。

男はうめき声を上げ続け、懸命に抵抗するが、最後はハンマーで頭を殴られ、死んでしまう。

検索してはいけない言葉③ "メキシカン・カッター"

ここまで紹介してきて、" Mexican cutter"という名前は本当に怖そうです。

これは、ギャング同士のショーのような、拷問を受けている男のビデオです。

手首を切り落とされ、顔の皮を剥がされるところから始まります。

そして、鎌のようなもので首を切り落とそうとするのですが、カッターナイフのようなもので少しずつ切り落とされていきます .

ここまでされても激しく抵抗する男を押さえつける複数の男たち。

精神的にやられること間違いなしのトラウマレベルの動画です .

検索してはいけない言葉④ 「ディーラー少年」

"ディーラーボーイ " も検索してはいけないワードの一つです。

車を売る少年のような名前ですが、実は14歳の麻薬密売人の映像です。

逆らう者は子供であろうと許されないということがよく伝わってきます。

他の動画に比べると過激さは少ないですが、幼い子供たちが残酷に殺されているのを見ると胸が痛みます.

生きたメキシコを検索しないでください

史上最悪の麻薬カルテルによる処刑動画「生きたメキシコ」。

ネタバレありで紹介しましたが、メキシコでは今でもこのような事件が頻発しており、一般市民が巻き込まれる事件もあるようです。

そして、似たような動画がたくさん出回っています。

そして、興味本位で見ようとして、動画検索を狙った詐欺的なサイトに誘導する人も多いようです。

精神的な影響やウイルスに感染する危険性を踏まえてネタバレしている情報をよく確認した上で検索するように心掛けてください.

興味本位で見て安易に考えてしまうと、絶対に後悔するので、検索しない方が良いと思います。

そして、このような事件が世の中からなくなることを心から願っています。